モテないのは髪のせい?薄毛・抜け毛対策治療で僕が試した方法

モテないのは髪のせい?薄毛・抜け毛対策治療で僕が試した方法
モテないのは髪が薄いせいなのか?男性の抜け毛や薄毛・脱毛症(AGA)の原因を知って治療や対策をしたい。様々な人が試した抜け毛対策・毛髪治療を紹介します。

ミネラルを補う方法

ミネラル」は、よく耳にする言葉で、炭素、水素、窒素、酸素以外の、生体に不可欠な元素のことです。
無機質」ともいいます。
亜鉛、カリウム、カルシウム、鉄、銅などがそうですが、抜け毛を予防して、新しい髪の成長を促進するのに必要なミネラルがいくつもあります。

まず、髪のキューティクルを守るのに必要なコラーゲンの生成には、亜鉛や銅が必要です。
コラーゲンそのものは、鶏の手羽や軟骨、スペアリブ、豚レバー、牛すじ肉などに多く含まれていて、亜鉛は牡蠣やうなぎ、牛肉や豚肉、銅はエビやホタルイカ、きな粉、牛レバーなどに多く含まれています。
煮魚の煮汁が冷えて固まるとゼリー状になりますが、これは魚に含まれるコラーゲンが溶け出しているものです。

抜け毛予防に必要なミネラルには、カルシウム、マグネシウム、マンガン、セレンがあります。
カルシウムとセレンは、ウナギ、干しエビ、イワシ、ししゃも、ホタテ貝などの魚貝類に多く含まれ、マグネシウムとマンガンは、アーモンドや松の実、くるみなどのナッツ類や大豆製品に多く含まれています。

日頃から、このようなものを多く食べたらいいのではないかということになりますが、最近の食生活では、ミネラルを摂ることは結構むずかしいのです。
ひとつのミネラルを多く摂るためには、そのミネラルを多く含む食材を多く食べる必要があり、あまり無理をすると、食事が偏ってしまうことになるかもしれません。
食材の中には、ミネラルは豊富である反面、摂り過ぎると他の問題が起きてしまうものもあります。
例えば、ウナギはコレステロールが多く、カロリーも高いですね。

食事でミネラルを摂ることを基本に考えるとしても、ある程度の量のミネラルを補うためには、健康食品やサプリも活用されてはいかがでしょうか。

 

このページのトップへ