モテないのは髪のせい?薄毛・抜け毛対策治療で僕が試した方法

モテないのは髪のせい?薄毛・抜け毛対策治療で僕が試した方法
モテないのは髪が薄いせいなのか?男性の抜け毛や薄毛・脱毛症(AGA)の原因を知って治療や対策をしたい。様々な人が試した抜け毛対策・毛髪治療を紹介します。

ハゲの遺伝について

父親や身内の男性にハゲている人が多いと言って、心配されている人もいるでしょう。
確かに、ハゲは遺伝すると言われていますが、実は、ハゲの遺伝子がすべて解明されているわけではないのです。

ドイツのボン大学が行った研究では、「アンドロゲン」という男性ホルモンの受容体がハゲに関係があると報告されています。
男性が持つXとYのふたつの染色体のうち、X染色体にはアンドロゲンの受容体があり、40歳以前にハゲた男性の場合、アンドロゲンの受容体に変異が認められたということです。

X染色体は母親から受け継ぐものなので、母方の祖父がハゲていると、ハゲが遺伝する可能性が高いというわけです。
しかし、ハゲの遺伝子はアンドロゲンだけではないようですから、この考え方がすべての男性にあてはまるわけではありません。
兄弟が複数いても、ハゲている人とそうでない人がいることもあります。
遺伝だけを気にしてハゲ予防の対策を怠ると、ほんとうにハゲてしまうかもしれません。

強く現れるハゲの遺伝は、4%くらいあるとされていますが、そのような場合、10代後半から髪に変化が見られ、20代で薄くなり始め、30代でハゲてしまうとのことです。
遺伝によるハゲで一番多いタイプは、前頭部から頭頂部にかけて薄くなっていくタイプです。
このタイプで、かなりハゲが目立つようになる男性は、日本人の場合、30%近くいるようです。
しかし、いずれにしても「遺伝だから」とあきらめてはいけません。 ハゲの予防法はいろいろありますので、気になり始める前から早めの対策を取ることがお勧めです。

 

このページのトップへ